四万湖の虹

放流する中之条ダム
放流する中之条ダム

台風5号から変わった温帯低気圧が通過し、晴れ間が戻った昨日の朝に撮影した一枚です。四万湖の様子ですが、夜半に通過した低気圧がたくさんの雨を上流に降らせたので中之条ダムが放流を行い、朝から迫力のある水しぶきが上がっています。しぶきが霧状になったところに朝の日が射し、色鮮やかな虹のアーチがかかって涼感を誘います。
一方、湖に目を向けると、普段は美しいブルーの湖水で知られる四万湖が珍しく茶色に濁っています。これも低気圧の仕業ですね。すぐに元のきれいな青に戻るのでしょうけれど、ちょっと珍しい風景でした。

さて、先ほど(2019年7月29日11:00)関東甲信地方が梅雨明けしたとの発表がありました。長かった今年の梅雨もようやく明けて、いよいよ夏本番ですね。

この夏は四万温泉でお楽しみ下さい!