NEWSページの過去ログ 2021年11月


霜月の終りに

2021年11月29日 朝
2021年11月29日 朝

週末は例年よりも早めの初雪になりましたが、道路などの雪は既に解けています。それでも、日陰の林の中や草むらの上などにはまだ残る雪もあり、四万温泉の風景をすっかり初冬のイメージへと上書きしました。
写真は今朝(2021年11月29日)ゆずりは荘裏で撮影したものです。霜の降りた紅葉ですがいかがでしょうか?凛とした朝の空気が残り少なくなってきた暖色系の葉を引き立てます。ご覧のように朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりましたので温泉のありがたさが身に染みますね。

 


ガビチョウ

ガビチョウ(画眉鳥  Garrulax canorus)
ガビチョウ(画眉鳥  Garrulax canorus)

先週き引き続き鳥の写真です。11月も終盤になり、色付いていた葉が落ちて野鳥たちの観察が容易になってまいりました。
写真は一昨日の昼に四万ゆずりは荘裏で撮影したガビチョウです。以前も記しましたが、ガビチョウは正確には野鳥と分類するべきではないとのこと。元々は中国南部から東南アジアにかけて棲息していた鳥ですが、日本にはペットとして輸入されました。それがカゴ抜けや飼育放棄による放鳥の末に繁殖し、すっかり定着してしまった種類の鳥です。彼等にしてみれば人間の都合で生息域を変えられたという側面もあり、一概に害鳥扱いするのは如何なものなのかとも思いますが、大音量のさえずりと農作物への食害の所為であまり歓迎はされていないようですね。逞しく四万の山奥にまで姿を現すこの鳥を見る度に、なんだか複雑な気持ちにさせられます。


秋のシジュウカラ

シジュウカラ(四十雀、Parus minor)
シジュウカラ(四十雀、Parus minor)

オータムカラーの背景に留鳥シジュウカラの画像をアップです。午後、強めの日差しが林の奥の紅葉に当たり鮮やかに輝いています。斜光で且つ透過光の状態です。光る林と手前の鳥との距離があったので具合良くオレンジの丸ボケができました。主役のシジュウカラは胸を張ってトレードマークのネクタイを自慢しているようにも見え、なんとも愛らしい瞬間を切り取ることができましたね。四万ゆずりは荘裏で数日前の撮影です。


ゆずりは地区の紅葉

2021年11月5日 ゆずりは地区の紅葉
2021年11月5日 ゆずりは地区の紅葉

11月になり四万温泉各所の紅葉が見頃を迎えています。写真は昨日(2021年11月5日)の正午頃に撮影した四万温泉ゆずりは地区の様子ですが楓の赤がいい発色です。幸いなことに昨日今日と二日連続の晴天に恵まれ秋晴れの気持ち良い週末になりました。


■チェックイン   14:00~
■チェックアウト  ~10:00
上記時間は当館ご一泊の最長滞在可能時間です。プランによっては上記の通りではありませんのでご注意ください。

 

 

 


四万温泉の国民宿舎/四万ゆずりは荘

〒377-0601
群馬県吾妻郡中之条町大字四万4345
TEL:0279-64-2340

FAX:0279-64-2032