NEWSページの過去ログ 2021


朝のオオルリ

オオルリ(大瑠璃、Cyanoptila cyanomelana)
オオルリ(大瑠璃、Cyanoptila cyanomelana)

梅雨が明けた途端に暑い夏がやってきました。四万温泉周辺の気候ですが、日中はさすがに気温が上がるものの、朝夕などはたいへん涼しくて過ごし易い気候となっております。写真はそんな朝のひとコマです。今朝7時半頃にゆずりは荘の傍らに立つ背の高い針葉樹の上で良く通る涼しげな声で鳴くオオルリの雄を見かけました。一応撮ってみましたが、相手は辺りで一番高い木のてっぺんです。被写体が小さい上にかなりの距離があるので望遠で撮ったものを大胆にトリミングしてようやくこの程度に仕上げました。とりあえずオオルリが鳴いている様子をご確認いただければということでアップしてみましたが、いかがでしょうか?
代表的な高原の夏鳥として知られるオオルリ。特に雄は頭から背中にかけての美しい瑠璃色が特徴なのですが、この個体はこちらを向いて鳴いていた為にブルーがあまり目立たないアングルとなってしまいました。近くに降りてくれればなどと思うのですが野鳥ですのでこちらのオーダー通りにはいかないですね。


梅雨明け

ヒマワリ(向日葵:Helianthus annuus)
ヒマワリ(向日葵:Helianthus annuus)

今日(2021年7月16日)「関東甲信地方が梅雨明けしたとみられる」との報道がありました。いよいよ夏が始まりますね。

写真はこの報道があった直後に四万湖の竹井橋付近で撮影したヒマワリです。朝のうちは曇っていた空もニュースに呼応するかのように青空へと変化してきました。夏を象徴するようなヒマワリの花は梅雨明の雰囲気にぴったりで、とてもいい感じですね。

 


雨上がりの朝

2021年7月11日 午前8時
2021年7月11日 午前8時

梅雨空が続きますが今朝は青空が顔を覗かせました。今回の写真は今朝(2021年7月11日)ゆずりは荘裏から西側の空を撮影したものです。日が差すと山の緑の発色が鮮やかになりますね。
野鳥たちも久々の梅雨の晴れ間に喜びながら、ちょこまかと飛び交っています。オオルリなど夏鳥の囀りも聞こえ、四万温泉周辺はすっかり夏山の風景に様変わりしています。


野反湖のコマクサ

コマクサ(駒草:Dicentra peregrina)
コマクサ(駒草:Dicentra peregrina)

前回に引き続き野反湖の話題で恐縮です。野反湖周辺はレンゲツツジの季節から緩やかにノゾリキスゲ(ゼンテイカ=ニッコウキスゲ)の季節へとシフトしている最中です。他の山野草たちも種類が多く、特にコマクサやベニサラサドウダンなどは小さい花ながらしっかりとその存在をアピールしています。
野反湖の入口、野反峠(富士見峠)から八間山への登山道を少し登るとコマクサの群生地への分岐になります。分岐より少し進むとガレ場の斜面に張られたロープによって保護された高山植物の女王・コマクサの可憐な姿を楽しむことができます。土壌成分の具合でしょうか?ここのコマクサは色が濃いようにも感じられますが、このビビッドさも一興ですね。今しばらくは楽しめそうですので、四万温泉へのご旅行の際に是非一度足を延ばしてみませんか?


野反湖 レンゲツツジとノビタキ

レンゲツツジ咲く野反湖畔 2021年6月23日
レンゲツツジ咲く野反湖畔 2021年6月23日
ノビタキ 雄(野鶲:Saxicola torquata)
ノビタキ 雄(野鶲:Saxicola torquata)

数日前に野反湖に行ってみました。このページで時々記していますが、野反湖は四万温泉からは車で1時間ほどの高原にある湖です。湖面の標高は1500m。周囲は2000m級の山々に囲まれ中央分水嶺の一角をなします。行政区分は四万温泉と同じ中之条町に属しますが、いやはや面積的には広い町で・・・ちなみに四万温泉も野反湖も上信越国立公園に含まれております。
さて、天空の湖・野反湖の湖畔は色鮮やかなレンゲツツジが見頃を迎えていました。コバイケイソウの白い花も傍に咲き揃っていましたし、タニウツギなど初夏の花もまだ残っており、気の早いゼンテイカ(ニッコウキスゲ・ノゾリキスゲ)も一輪、また一輪とちらほら確認できて全体として花の高原といった印象で夏山ムードは満点でした。
花々を眺めながら湖畔をあちこち散策する途中、レンゲツツジの花の中をちょこまかと飛び回りながら、しきりに鳴くノビタキの雄を見つけたので記録のつもりで撮影してみました。いかがでしょうか?。ノビタキは夏鳥として日本に渡って来るビタキ類で、本州では主に標高の高い高原地帯で確認できます。雄は喉元のオレンジ色が目立ちます。反対に雌は全体的に茶褐色で地味な印象です。写真には納められませんでしたが近くに雌のノビタキもいましたので、この雄は綺麗なツツジの中にとまってしきりに自己アピールをしていたのでしょう。なんだか健気で可愛いですね。
四万温泉にご旅行の際には少しだけ足を延ばしてみませんか?

 


キセキレイ

キセキレイ(黄鶺鴒:Motacilla cinerea)
キセキレイ(黄鶺鴒:Motacilla cinerea)

一応、関東地方も梅雨入りしたようですが、晴れたり降ったり曇ったりと、なんとなく落ち着かない天候が続く今日この頃です。
写真は本日(2021年6月17日)正午頃に四万湖畔で撮影したキセキレイです。この時の天候は晴れ。湖脇の電線にとまって「チチン、チチン」としきりに鳴いていました。
キセキレイは夏になると見かけるようになる野鳥ですが、基本的には留鳥なので冬季はもう少し南の方で越冬しているのでしょうか?。水辺を好み、水辺に棲息する昆虫やクモ類などを捕食します。お馴染みハクセキレイの仲間ですが、キセキレイの方が人間に対する警戒心は強いようですね。当館周辺では駐車場側でハクセキレイが陣取っている所為か、川側で時折見かける程度で登場回数は少なめです。セキレイの仲間はみな可愛い姿をしているのですが、縄張り意識が非常に強いのが特徴。きっと、お互いの為に良い距離感を保っているのでしょうね。


初夏の奥四万湖

2021年6月11日午前8時撮影
2021年6月11日午前8時撮影

写真は今朝(2021年6月11日)の奥四万湖です。出勤前に少し寄り道をして四万川ダムの堤体の上から撮影しました。近くの緑は色鮮やかに見えましたが遠く稲包山に続く山なみは朝もやで白く霞んでいました。
四万川ダムは下流域の治水を主な目的としたダムなので、梅雨前から秋にかけてはダム湖(奥四万湖)の水位が低くなります。満水位との差は今日現在で-14.4m。水位が低くなった分、堤体の上から湖面までの高さが増して迫力がありましたね。四万ブルーとしてすっかり有名になった湖の色は天候などによって微妙に変化します。温泉と共に四季折々の表情を見せる四万温泉の観光名所・奥四万湖にも是非お立ち寄り下さいね。6月中はダム見学に便利な周遊バスも出ております。詳細は下記リンクからご確認下さい。

四万温泉ぐるりんバス

 


ローズガーデンが見頃です

2021年6月5日 中之条ガーデンズ・ローズガーデン入口
2021年6月5日 中之条ガーデンズ・ローズガーデン入口

6月に入り中之条ガーデンズではローズガーデンのバラたちが見頃を迎えております。昨日(2021年6月5日)は午前中に青空が見える良いお天気だったので、ちょっとだけローズガーデンの様子を覗いてみました。広大な敷地の一角に造営されたバラの庭園はいくつかのブロックに区切られた設計がされておりますが、各ブロック毎に工夫を凝らした個性的な見せ方で鑑賞に訪れた人々の目を楽しませています。四万温泉へのご旅行の際には是非お立ち寄り頂ければ幸いです。


⇒中之条ガーデンズの公式サイト

 

 


八ッ場ダム

2021年5月28日 放流中の八ッ場ダム
2021年5月28日 放流中の八ッ場ダム

画像は昨日(2021年5月28日)に撮影した八ッ場ダム。この重力式コンクリートダムの巨大な堤体の下流域が吾妻渓谷になります。吾妻川の流量調整のために放流中のシーンなのですが、吐水口が堤体の下部にある設計なので、それほど豪快ではありませんね。
ダム湖の八ッ場あがつま湖やその周辺の観光施設と共にダム本体や下流域の吾妻渓谷まで含め立ち寄りスポットとして近年注目を集めいていますので、四万温泉への行き帰りにちょっと足を延ばしてみてはいかがでしょうか?


ドウダンツツジの白い花

ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星、Enkianthus perulatus)
ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星、Enkianthus perulatus)

ここ数日、雨模様の天気が続いています。四万温泉周辺の山の緑は一雨毎に色濃くなり、昨日とはまた違った風景に変化するようです。
さて、今回の写真は今朝(2021年5月17日)7時ごろに撮影した四万ゆずりは荘の入口に植えてあるドウダンツツジの白い花。秋は鮮やかな紅葉で、春は鈴なりの小さな花々でと、折々の季節にさりげなく、ほっこりした癒しを与えてくれる存在です。


新緑のシーズン

2021年5月10日 午前11時頃撮影 四万湖
2021年5月10日 午前11時頃撮影 四万湖

先程、出勤途中で撮影した新緑に映える四万湖の様子。カヌーやSUPなどの水系アクティビティで連日賑わっています。気持ち良さそうですね。私も仕事がなければ参加したいところです(笑)
立夏が過ぎ、四万温泉は初夏の風が心地良い新緑シーズンとなりました。淡い色合いの山々を眺めつつ、温泉にゆっくりと浸かって日がな一日のんびり過ごす。浮世の塵を洗い流してリフレッシュして下さいね!


若葉の頃

2021年4月30日 ゆずりは地区の新緑
2021年4月30日 ゆずりは地区の新緑

写真は四万温泉のゆずりは大橋から見た四万ゆずりは荘付近の様子です。昨日(2021年4月30日)正午頃の撮影ですが、水晶山を始め周囲の山々の新緑が淡いトーンで広がっています。ちょうど今の季節は樹木の種や立地による芽吹きの差を感じ取れる貴重な時期です。これから初夏に向け日毎に緑の色が濃くなりますが、その先駆けとなる若葉の頃の風景は秋の紅葉に肩を並べるほどの趣きがありますね。


メジロ

メジロ(目白・繍眼児、Zosterops japonicus)
メジロ(目白・繍眼児、Zosterops japonicus)

桜の木にとまるメジロです。メジロやヒヨドリ、スズメなどの野鳥は雑食性で花の季節には蜜を吸うために桜に集まってきます。メジロはその体色からウグイスと混同されることが多いのですが、本当のウグイスはもっと地味な色で花の傍ではあまり見かけません。ウグイスはとても警戒心の強い野鳥で藪の中を好む習性があり、例の鳴き声を聴いても姿を確認することは稀。反対にメジロは花の蜜を求め、枝から枝へとちょこまか動き回っているので、この季節は特に見つけ易いですね。写真は四万川ダム下の日向見公園で撮影したものですが、四万温泉の桜もそろそろ終盤となりました。今は山全体の新緑が淡いトーンで広がり始め、爽やかな芽吹きの季節に差し掛かっています。良質な温泉と共に周辺の自然や季節の移ろいなどをお楽しみ頂ければ幸いです。


四万温泉ぐるりんバス 期間限定運行

四万温泉 厚畑駐車場にできた周回バスのバス停
四万温泉 厚畑駐車場にできた周回バスのバス停

2021年4月1日より2021年6月30日まで期間限定ではありますが四万温泉内と奥四万湖を周回するバス『四万温泉ぐるりんバス』が運行されます。ゆずりは地区も通るので奥四万湖観光のバリエーションに加えてみてはいかがでしょうか?
四万温泉ぐるりんバスの詳細はこちらでご確認下さい。⇒リンク

 


4/18追記

さて。中之条ガーデンズが4月17日にグランドオープンしました。
オープン当日は雨でしたが、一夜明けて天候が回復したのでちょっと覗いてみました。雰囲気だけでもお伝えしようと思い立ち、動画にざっくりとまとめましたのでご覧頂ければ幸いです。


桜とヒヨドリ

ヒヨドリ(鵯、白頭鳥、Hypsipetes amaurotis)
ヒヨドリ(鵯、白頭鳥、Hypsipetes amaurotis)

群馬県吾妻地方の桜前線は渋川方面から徐々に吾妻川の川上へと登ってきています。数日前に中之条の町中では満開になりました。四万温泉へ桜前線が届くのはもうしばらく先になるでしょうけれど、全体としては例年よりも1週間から10日ほど早い印象です。
写真は桜の木にとまるヒヨドリです。中之条町内での撮影ですがヒヨドリやメジロは花の咲く桜の木に集まる傾向がありますね。花の蜜を吸う習性があるからということですが、桜の開花を楽しみにしているのは人間だけではないということでしょうか。メジロが同じ目的で寄ってくると追い払う習性があるようですが、自然界にも花見の場所取りがあるとは思いませんでした。


花桃の丘

2021年4月1日 中之条ガーデンズ・花桃の丘
2021年4月1日 中之条ガーデンズ・花桃の丘

2021年4月17日にグランドオープンを迎える中之条の新名所『中之条ガーデンズ』。この公園の北側に広がる花桃の丘が見頃を迎えています。花桃のピンク、レンギョウの黄色、ユキヤナギの白が青空に映えますね。少し離れて眺めると丘陵地帯にピンクのベールをかけたように見えます。ここのところ急に暖かくなってきたので開花の時期は例年よりも少し早い印象ですね。4月11日までは無料で観覧できますので、四万温泉への行き帰りに足を運んでみてはいかがでしょう?
中之条ガーデンズは4月12日~16日までの間、オープン準備のため閉園になります。詳細は下記でご確認下さい。

⇒ 中之条ガーデンズ公式サイト


雨上がり~青空の四万温泉

2021年3月29日 晴れ
2021年3月29日 晴れ

昨日の午後から降り出した雨。夜半にはだいぶ激しく降りましたが一夜明けて四万温泉は青空が広がっております。

写真は今朝(2021年3月29日午前7:30頃)の四万温泉の様子。朝から気持ちよく晴れ、朝日が新湯地区の旅館街を照らします。お昼には気温も20度を超え些か暑く感じるほどです。寒暖差が激しい今の季節ですが、四万温泉のお湯に浸かってのんびりとお過ごし頂ければ幸いです。

 

 


四万湖の春

2021年3月19日 四万湖
2021年3月19日 四万湖

だいぶ温かくなってまいりました。写真は本日(2021年3月19日)正午近くの四万湖の様子です。この湖は中之条から四万温泉に向かう国道353号沿いにあります。四万温泉の奥から流れ下る清流・四万川を小さなアーチ式ダム(中之条ダム)で堰き止めできた人造湖ですが、グリーンシーズンの週末にはカヌーやSUPなどを楽しむ人々で賑わいます。流れが非常に緩く(と言うか殆ど無く)初心者の方がこうしたアクティビティに挑戦するのに最適な場所として近年注目を集めています。
四万温泉のやさしいお湯と共に周辺のフィールドもお楽しみ頂けたらと思います。


まず咲くマンサク

マンサク(満作、万作、金縷梅: Hamamelis japonica)2021年3月12日
マンサク(満作、万作、金縷梅: Hamamelis japonica)2021年3月12日

昨年も3月にお伝えしましたが、四万川ダム下の日向見公園でマンサクの花が咲き始めています。写真は今朝(2021年3月12日)撮影したものです。早春の山里でまず最初に咲くことから転じて「マンサク」と呼ぶとか・・・。諸説ありますが、この四万温泉周辺の風景を見るとなるほどなぁと思います。木々の芽吹きも未だ訪れない山里に真っ先に色を添えるマンサクの黄色。低彩度の風景ばかりのこの季節には一際鮮やかな印象ですね。

 

2021年ゴールデンウィークのネット先行予約の受付を開始しました。お申し込みは下記リンクからお願い致します。

ゴールデンウィークのご予約はこちらから


バラの花

たまにはこんな雰囲気も・・・
たまにはこんな雰囲気も・・・

数日前にお客様から頂いたバラの花を食堂に飾ってみました。少し雰囲気が変わって華やかになりますね。

3月に入り、少しずつ温かな日も増えてきた印象です。中之条の町内では梅の花が咲いていますが、山間部にある四万温泉が花の季節になるのはもう少し先になります。少し遅い四万の春をあたたかな温泉と共にお楽しみ頂ければ幸いです。

 

 

本日、2021年ゴールデンウィークのネット先行予約の受付を開始しました。お申し込みは下記リンクからお願い致します。

ゴールデンウィークのご予約はこちらから


お馴染みの冬鳥

ジョウビタキ(尉鶲、常鶲、:Phoenicurus auroreus)
ジョウビタキ(尉鶲、常鶲、:Phoenicurus auroreus)

毎年、この季節に載せているお馴染みの冬鳥、ジョウビタキの雌です。

数日前に当館裏で撮影したものですが、日中の温かな日差しの中で元気そうに枝から枝へと動き回っていました。この時期のジョウビタキは縄張り意識が強く、同種がテリトリーに侵入するのを嫌う傾向があるようなので、もしかしたらパトロール中なのかもしれませんね。
自然豊かな四万温泉の春をお楽しみ下さい!


三寒四温

2021年2月20日 四万温泉桐の木大橋付近
2021年2月20日 四万温泉桐の木大橋付近

青空が美しかったので一枚撮ってみました。本日(2021年2月20日)の正午近くに撮影した四万温泉の国道353号沿い、桐の木大橋付近の様子です。
一昨日の晩は気温が低くアスピリンスノーのような軽い雪が吹いてくる天気でしたが、昨日は朝から天候が回復しました。気温はまだ低く肌寒い一日でしたが、前夜に降った雪も陽光に照らされてすぐに消えました。そして本日は南風が吹き込んだ影響で気温も上昇し、春の訪れを実感できるようないいお天気になりました。まさに三寒四温の時期に突入していますね。これから先、時間が逆戻りして真冬のように寒い日もあるとは思いますが、全体として季節がゆっくりと回り始めた印象が残る明るい風景でした。


空より青い

2021年2月10日 奥四万湖
2021年2月10日 奥四万湖

写真は今日(2021年2月10日)午前10時半頃の奥四万湖です。立春が過ぎ、そろそろ一週間が経とうとしていますので暦の上では一応「春」なんですが、この辺りはまだまだ冬の風景ですね。冬の晴れた日は奥四万湖のブルーが、いつもよりも鮮やかに見えます。四万温泉にお越しの際には空より青い湖水を是非お楽しみ下さい。

 


ロウバイ

ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅〔カラウメ〕、Chimonanthus praecox)
ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅〔カラウメ〕、Chimonanthus praecox)

2月に入りました。まだまだ寒い日は続きますが、そんな中でも季節の移ろいを少しだけ感じさせる写真を一枚アップしてみました。吾妻川付近で撮影したロウバイです。冷たい空っ風が吹く中で小さな花を咲かせていました。半透明なツヤのある花びらがまるで蝋細工のようで独特ですね。近づいてみると、とても良い香りがします。
四万温泉の山間に春の足音が届くのはもう少し先になるとは思いますが、徐々に長くなる昼の時間がなんだか嬉しい今日この頃です。


四万の一雫 入荷しました

限定純米酒 四万の一雫
限定純米酒 四万の一雫

毎年、大寒の日に販売開始される限定生産の純米酒『四万の一雫(ひとしずく)』の2021年版が入荷しました。四万川の水で育った「玉苗」という酒米を使い、火入れをしないことで風味を残した逸品です。ここでしか飲めない地酒をご堪能下さい。
当館では好評の「銘醸三種飲みくらべ」のひとつとしてもお楽しみ頂けます。各地の銘酒とこの限定酒を飲み比べて楽しむのもまた一興です。晩酌に是非!


エナガ

エナガ(柄長、Aegithalos caudatus)
エナガ(柄長、Aegithalos caudatus)

エナガは留鳥なので季節を問わず観察できるお馴染みの野鳥ですね。当地(四万ゆずりは荘周辺)でも群れているのを時々見かけます。エナガという名前は尾羽が長いことに由来します。写真の個体はエナガにしては少し短めの尾羽ですが、成鳥になると体長の半分ほどになり、このスタイルが「柄杓」に似ていることから転じてエナガとのこと。尾羽を除いた体長はスズメよりも小さく、ジュリジュリと鳴き合いながら藪を移動するのをひたすら目で追っています。小さくて可愛いのですが、何せ動きがちょこまかとすばしこくて写真に収めるのが一苦労です。


今日のゆずりは付近

2021年1月11日 四万ゆずりは荘裏の様子
2021年1月11日 四万ゆずりは荘裏の様子

年が明けて十日ほど経ちました。冬型の気圧配置の影響で北陸地方など大雪と報じられておりますが四万温泉はそれほどでもありません。写真は本日午後のゆずりは荘裏ですが、こんな感じです。ただし気温は低く道中(特に日陰など)は雪やアイスバーンが残る路面もありますので、お出かけの際には十分にお気をつけてお越しくださいね。


謹賀新年

2021年1月1日
2021年1月1日

四万ゆずりは荘 公式サイトをご覧の皆様
新年あけましておめでとうございます
昨年中はご愛顧に賜り 誠にありがとうございました
本年もお引き立ての程 宜しくお願い致します
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます


■チェックイン   14:00~
■チェックアウト  ~10:00
上記時間は当館の最長滞在可能時間です。プランによっては上記の通りではありませんのでご注意ください。

 

 

 


四万温泉の国民宿舎/四万ゆずりは荘

〒377-0601
群馬県吾妻郡中之条町大字四万4345
TEL:0279-64-2340

FAX:0279-64-2032