NEWSページの過去ログ 2020年4月


稲裹山の白き峰

奥四万湖より見る稲包山
奥四万湖より見る稲包山

奥四万湖から北側を眺めるとご覧のように形の良い山が見えますが、これが稲包山です。標高は1598m。日本アルプスなどに比べ決して高さのある山ではありませんが、4月後半である現在も残雪を頂いているのは新潟の長野の県境、いわゆる中央分水嶺に位置する為ですね。この稜線の向こう側は新潟県の苗場スキー場です。山頂の少し北側に群馬県と新潟県の県境があり、東は三国峠を経て平標山、更には谷川連峰へと分水嶺が続きます。西側は白砂山を経て野反湖へ、更には志賀高原の山々へと縦走路は続きます。全長100kmにも及ぶ日本最長の山岳縦走路『ぐんま県境稜線トレイル』として一昨年全線開通しましたが、すべてを踏破するには相当の健脚者でも5日は必要とのことです。刻み刻みでもいいからのんびりと時間をかけて、いつの日か歩いてみたいコースですね。


コゲラ

コゲラ(小啄木鳥:Dendrocopos kizuki)
コゲラ(小啄木鳥:Dendrocopos kizuki)

数日前、四万温泉の日向見公園付近で撮影したコゲラ。日本に棲息するキツツキの仲間では一番小さい種類で全長15cm前後です。スズメと同じくらいのサイズですね。捕食の為か巣穴作りか分かりませんが、木の幹に留まってしきりにショートストロークのドラミングを続けていました。
コゲラの生息数は比較的多くて日本全国に分布しておりシジュウカラなどの混群にちゃっかり混じっていることもあります。「ジ、ジ」あるいは「ギッ、ギッ」と短く鳴いて存在を知らせてくれますので、そんな声が聞こえたら辺りの木々を注意深く観察してみて下さい。この小さなキツツキに出会えるかもしれません。


ニホンカモシカ

じっとこちら伺うニホンカモシカ
じっとこちら伺うニホンカモシカ

先日、中之条町某所で見かけたニホンカモシカです。四万温泉周辺にも時折あらわれますが、シカというよりウシに近い印象ですね。それもその筈、生物学の分類上では、哺乳綱偶蹄目ウシ科カモシカ属に分類される偶蹄類でウシに近い種とのこと。以前は亜高山地域のみ生息すると言われていましたが、近年は里山近くにも姿を現します。いずれにせよ自然環境が豊かな土地を好むということなのでしょうけれど、思いがけず出会うと嬉しくなりますね。彼らの習性なのでしょうか?バッタリ出会っても、しばらくは逃げずに、こちらをじっと伺っている事が多いようです。


巡る季節

中之条ガーデンズ・花桃の丘
中之条ガーデンズ・花桃の丘

数日前に撮影した中之条ガーデンズ・花桃の丘の風景です。遠目にはピンク色の絨毯が小高い丘を覆っているように見えます。レンギョウの黄色とユキヤナギの白もいいアクセントになっていますね。

静かな山里にも季節は確実に巡って行きます。


■チェックイン   14:00~
■チェックアウト  ~10:00
上記時間は当館の最長滞在可能時間です。プランによっては上記の通りではありませんのでご注意ください。

 

 

 


四万温泉の国民宿舎/四万ゆずりは荘

〒377-0601
群馬県吾妻郡中之条町大字四万4345
TEL:0279-64-2340

FAX:0279-64-2032