NEWSページの過去ログ 2018年11月


ベニマシコ

久し振りに鳥の写真をアップしました。四万ゆずりは荘の裏で草の実を啄んでいたベニマシコです。周辺ではアトリやジョウビタキ、カシラダカ、ウソなどの姿も確認。晩秋の四万温泉に棲息する野鳥たちも少しずつメンバーが入れ替わっているようですね。北から南下してきた冬鳥たちが季節の移ろいを我々に知らせているように感じました。


ボジョレーヌーボー解禁

今年もこの季節がやってまいりました。本日、2018年11月15日はボジョレーヌーボーの解禁日です。
当館では毎年この日に合わせボジョレー地方の出来立ての新酒を取り寄せ、お客様にご提供しておりますが、今年の出来栄えはいかがでしょうか?
10月に発表されたボジョレーワイン委員会のプレスリリースでは以下のような記述がありますので、かなり期待が持てそうですね。
⇒リンク
晩秋の四万温泉で、フランスの新酒を味わうのもまた一興かと思います。この機会に是非お試しください!


ゆずりはの秋

写真は昨日撮影したゆずりは荘周辺です。楓の赤が一際鮮やかになっています。四万温泉の中で当館のあるエリアを「ゆずりは地区」と呼びますが、今回のブログタイトルはその意味で「ゆずりはの木」自体は常緑高木なので紅葉しません。あしからずご了承下さいませ(笑)
⇒ユズリハ
さて、立冬を過ぎ、暦の上ではとりあえず冬となりましたが、それに反するように今週は暖かな気候となっています。先週はかなり冷え込んだのですが、ここに来てこの温かさ・・・紅葉の進行に少しブレーキがかかり、例年よりも見頃が長くなっているように感じるのですが、いかがでしょうか?
まだまだ続きそうな今年の紅葉シーズン。四万ゆずりは荘で行く秋をのんびりとご堪能頂ければ幸いです。


錦秋の奥四万湖

霜月・11月に入った途端に寒さが厳しくなってきましたね。四万温泉周辺の紅葉も朝晩の寒暖差の手伝いもあって一段と色鮮やかに変化してきました。特に奥四万湖周辺は青い湖水と周囲の木々のコントラストが本当に美しく、カメラを構える人々で賑わいを見せております。晴れた日は順光や半逆光の透過光により紅葉の発色が全く変わりますし、ロケーションを選んで歩いていると時間の経つのも忘れそうになります。短くなっている昼の時間帯を有効に使って秋の一日をご堪能頂き、夜は四万ゆずりは荘に戻って温泉に浸かり、ゆったりと秋の夜長をお過ごし頂ければ幸いです。