情報掲示板 Photo&NEWS


四万湖の薄氷

2022年1月17日 四万湖
2022年1月17日 四万湖

今朝(2022年1月17日)午前八時少し前に竹井橋の上から撮影した四万湖です。冷え込んだ朝で湖の中ほどに薄く氷の帯がダムの吐水口方向に伸びています。なぜこのような形になるのでしょうか?湖の中でもこの辺りが一番水深が深くて湖水が冷たいのでしょうか?あるいは岸に近いところは地熱の影響で凍り難くなるのでしょうか?詳しいことは分かりませんが、ちょっとおもしろい光景でしたので、こちらで紹介いたしました。
かなり以前はこの四万湖でスケートができたそうですが、今では珍しい光景となっています。


晴天

2022年1月10日 午前
2022年1月10日 午前

年明けから既に10日が経過しています。今日は三連休の最終日。朝から穏やかないいお天気になっています。
写真はさきほどの撮影。四万ゆずりは荘の館内より西の空を見上げたところです。川沿いで日当たりが良い所為でしょうか?この手前の木の枝にはさまざまな野鳥がやってきます。こちらが館内から見ていることに気付かないのか、枝伝いにかなり近くまで来ることもあって楽しいです。冬の間は葉が落ちていて野鳥を観察し易い季節なので、お泊りの際にはこんなところにも注目して頂ければと思います。


迎春

2022年 元旦
2022年 元旦

四万ゆずりは荘の公式サイトをご覧のみなさま
新年あけましておめでとうございます

昨年中はご愛顧に賜り 誠にありがとうございました
本年も引き続きお引き立ての程 宜しくお願い致します
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

 

 

四万ゆずりは荘 スタッフ一同


中之条の朝

2021年12月27日 午前7時20分 中之条町折田
2021年12月27日 午前7時20分 中之条町折田

写真は今朝(2021年12月27日、午前7時20分頃)の中之条町折田地区の様子です。出勤途中に撮影したものですが、冬至を過ぎて日の出の時刻が少しずつ早まっているように感じますね。
さて、今年もあと僅かとなりました。皆様にとりまして来年が良い年になりますよう祈っております。


柚子湯

2021年12月19日 
2021年12月19日 

今年の冬至は12月22日。このブログの更新日が12月19日です。3日ほど早いのですが、露天風呂を柚子湯にしてみました。例年12月は点検等で休館日が多くなりますが、今年は休館日と冬至が重なってしまいますので少しフライング気味です。ご了承願います。
やさしい泉質の四万のお湯に柚子のほのかな香りが良く馴染みます。今日明日限定の柚子湯ですが、ゆっくりと温まって下さいね。


酒蔵のイベント

秋、酒蔵にて 2021年12月11日~19日 中之条町旧廣盛酒造
秋、酒蔵にて 2021年12月11日~19日 中之条町旧廣盛酒造

中之条町の旧廣盛酒造にて2009年より続くイベント「秋、酒蔵にて」が行われています。今年の開催期間は2021年12月11日より19日まで。秋というより冬になってしまいましたが、とにかく楽しそうですね。今回のテーマは「茶道」だそうです。四万温泉へのご旅行の行き帰りにお立ち寄り頂ければ幸いです。詳細は下記リンクよりご確認下さい。

⇒秋、酒蔵にて


ユズリハ

ユズリハ(楪・交譲木・譲葉・杠 : Daphniphyllum macropodum)
ユズリハ(楪・交譲木・譲葉・杠 : Daphniphyllum macropodum)

南洋の果物のようなエキゾチックな色彩の写真をアップしました。実はこれ、フルーツでもなんでもなくて当館の敷地内にあるユズリハの木です。当館の屋号にもなっているこの木の特徴は、艶のある葉とそれを支える赤い葉柄(ようへい)。この赤い色と中心にある冬芽が目立っていたので昨日の昼に接写してみましたが、いかがでしょうか?
ユズリハの木はその名が示す通り、厳しい冬を凌ぎ春になると新しい葉が古い葉と入れ替わるように出てくるという性質から「親が子を育てて家が代々続いていく」ことを連想させる縁起木とされています。


霜月の終りに

2021年11月29日 朝
2021年11月29日 朝

週末は例年よりも早めの初雪になりましたが、道路などの雪は既に解けています。それでも、日陰の林の中や草むらの上などにはまだ残る雪もあり、四万温泉の風景をすっかり初冬のイメージへと上書きしました。
写真は今朝(2021年11月29日)ゆずりは荘裏で撮影したものです。霜の降りた紅葉ですがいかがでしょうか?凛とした朝の空気が残り少なくなってきた暖色系の葉を引き立てます。ご覧のように朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりましたので温泉のありがたさが身に染みますね。

 


ガビチョウ

ガビチョウ(画眉鳥  Garrulax canorus)
ガビチョウ(画眉鳥  Garrulax canorus)

先週き引き続き鳥の写真です。11月も終盤になり、色付いていた葉が落ちて野鳥たちの観察が容易になってまいりました。
写真は一昨日の昼に四万ゆずりは荘裏で撮影したガビチョウです。以前も記しましたが、ガビチョウは正確には野鳥と分類するべきではないとのこと。元々は中国南部から東南アジアにかけて棲息していた鳥ですが、日本にはペットとして輸入されました。それがカゴ抜けや飼育放棄による放鳥の末に繁殖し、すっかり定着してしまった種類の鳥です。彼等にしてみれば人間の都合で生息域を変えられたという側面もあり、一概に害鳥扱いするのは如何なものなのかとも思いますが、大音量のさえずりと農作物への食害の所為であまり歓迎はされていないようですね。逞しく四万の山奥にまで姿を現すこの鳥を見る度に、なんだか複雑な気持ちにさせられます。


秋のシジュウカラ

シジュウカラ(四十雀、Parus minor)
シジュウカラ(四十雀、Parus minor)

オータムカラーの背景に留鳥シジュウカラの画像をアップです。午後、強めの日差しが林の奥の紅葉に当たり鮮やかに輝いています。斜光で且つ透過光の状態です。光る林と手前の鳥との距離があったので具合良くオレンジの丸ボケができました。主役のシジュウカラは胸を張ってトレードマークのネクタイを自慢しているようにも見え、なんとも愛らしい瞬間を切り取ることができましたね。四万ゆずりは荘裏で数日前の撮影です。


ゆずりは地区の紅葉

2021年11月5日 ゆずりは地区の紅葉
2021年11月5日 ゆずりは地区の紅葉

11月になり四万温泉各所の紅葉が見頃を迎えています。写真は昨日(2021年11月5日)の正午頃に撮影した四万温泉ゆずりは地区の様子ですが楓の赤がいい発色です。幸いなことに昨日今日と二日連続の晴天に恵まれ秋晴れの気持ち良い週末になりました。


良き色合いに

2021年10月30日 四万温泉の紅葉
2021年10月30日 四万温泉の紅葉

スロースタートの今年の紅葉ですが、ここに来て一気に良き色合いになってまいりました。2021年10月30日午前8時少し前の四万温泉、国道353バイパス沿いの様子です。秋晴れの週末。朝の光に照らされて国道沿いの楓の葉が真っ赤に輝いて見えました。


NEWSページの過去ログ



月毎のまとめは以下で


■チェックイン   14:00~
■チェックアウト  ~10:00
上記時間は当館ご一泊の最長滞在可能時間です。プランによっては上記の通りではありませんのでご注意ください。

 

 

 


四万温泉の国民宿舎/四万ゆずりは荘

〒377-0601
群馬県吾妻郡中之条町大字四万4345
TEL:0279-64-2340

FAX:0279-64-2032