情報掲示板 NEWS


カケス

カケス(橿鳥、懸巣、鵥、Garrulus glandarius)
カケス(橿鳥、懸巣、鵥、Garrulus glandarius)

四万ゆずりは荘周辺にいる野鳥たちの話を時折しておりますが、今日はカケスのお話。この鳥は体長30cmほどの大きさで羽の一部分が鮮やかな青色をしているのが特徴ですね。姿かたちは美しいのですが、鳴き声はそうでもなくて「ジェー、ジェー」とか「ギャッ」とか、しわがれた声で鳴きます。もし、そんな声が聞こえたら周囲の森を見渡して下さい。木から木へと、あまり羽ばたかず滑空するように飛ぶカケスの姿を確認できることが多々あります。
カケスは基本的には留鳥なので、一年中周辺地域に棲息しているのだと思いますが、夏の盛りの頃はその姿をあまり見かけなくなります。そして、少し涼しくなった季節に再び目に留まるようになるのですが、彼等の子育てのサイクルと何か関係があるのでしょうか?カケスに聞いてみないと分かりませんが、もしかしたら秋に見かけるカケスの中には、巣立ったばかりの幼鳥も含まれているのかもしれませんね。そんなことを考えながら、四万温泉周辺の自然と、季節の移ろい行く様をお楽しみ頂ければ幸いです。

 


九月の空

青空が広がりました!
青空が広がりました!

九月に入り一週間が経過しました。月が替わって数日は雨が続きましたが、昨日今日はご覧の通りの晴天になっております。写真は先ほどスマホで撮影したゆずりは荘裏の様子。日が差せば気温も上がりますが、朝晩はだいぶ涼しくなっています。長袖を一枚お持ちになると便利かもしれませんね。

さて、中之条ビエンナーレの鑑賞プランが好評です。9月23日まで開催しておりますので、この機会に是非お楽しみ下さい。

 

 

中之条ビエンナーレ2019鑑賞プラン

 

中之条ビエンナーレ公式サイト


初秋の空気

ゆずりは足湯飲泉所
ゆずりは足湯飲泉所

盛夏の酷暑が一山超え、四万温泉周辺では朝晩の空気がだいぶひんやりと感じられるようになりました。タイトルの通り初秋の空気といった趣きですね。
そんな初秋の山里のあちらこちらにピンク色の看板が立っています。これは、ここのところ再三お伝えしているアートイベント『中之条ビエンナーレ』の案内板です。目立つ色で展示会場や作品などをアテンドしていますが、2年に一度の秋の風物詩として、この町にすっかり定着した風景となっています。

 

四万ゆずりは荘では、このイベントをお楽しみ頂くための宿泊プランをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。

 

中之条ビエンナーレ2019鑑賞プラン

 

中之条ビエンナーレ公式サイト


ビエンナーレ

ふるさと交流センターつむじ
ふるさと交流センターつむじ

お盆休みの大賑わいがひと段落した頃から中之条のあちこちでピンク色のフラグを見かけるようになりました。今週末から開催される第7回中之条ビエンナーレの幟ですね。中之条ビエンナーレは2年に一度、中之条の全域を舞台に開催される国際芸術祭で、毎回多数の来場者で賑わいます。今回の参加アーティストは150組。どのような作品と出会えるのか、とても楽しみですね。
当館では『中之条ビエンナーレの鑑賞パスポート』と宿泊がセットになったお得なプランをご用意しました。当プランをお申込みの方にはもれなく『マル得なかのじょう周遊チケット(売価500円)』も進呈いたします。パスポートの受け渡しは『中之条町ふるさと交流センターつむじ内、中之条町観光協会』『四万温泉協会』等よりお選び頂けますので、申し込みフォーム内において選択下さい。

お申し込みはこちら

 

中之条ビエンナーレ公式サイトはこちら


ヤナギランの季節

野反湖畔のヤナギラン群生地
野反湖畔のヤナギラン群生地

山の日を含む連休とお盆休みが連結して大賑わいの夏を迎えております。相変わらず暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
写真は数日前に撮影した野反湖の風景。当ブログでも野反湖の様子を時折お伝えしておりますが、現在はヤナギランが見頃を迎えております。四万ゆずりは荘へのご旅行の際に、少し足を延ばして、こんな風景をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

 

 


暑中お見舞い申し上げます

涼感を誘う四万甌穴
涼感を誘う四万甌穴

四万ゆずりは荘の公式サイトをご覧の皆様、暑中お見舞い申し上げます。待ちわびた梅雨が明け、途端に酷暑の日々が続きますが、いかがおすごしでしょうか?
夏休みに入り賑やかな声が四万温泉のあちこちから聞こえてくる季節になりました。お盆のお問い合わせが増えてまりましたが、四万ゆずりは荘ではインターネットによるリアルタイムの空室状況表示を行っております。是非ご参照下さいませ。


四万湖の虹

放流する中之条ダム
放流する中之条ダム

台風5号から変わった温帯低気圧が通過し、晴れ間が戻った昨日の朝に撮影した一枚です。四万湖の様子ですが、夜半に通過した低気圧がたくさんの雨を上流に降らせたので中之条ダムが放流を行い、朝から迫力のある水しぶきが上がっています。しぶきが霧状になったところに朝の日が射し、色鮮やかな虹のアーチがかかって涼感を誘います。
一方、湖に目を向けると、普段は美しいブルーの湖水で知られる四万湖が珍しく茶色に濁っています。これも低気圧の仕業ですね。すぐに元のきれいな青に戻るのでしょうけれど、ちょっと珍しい風景でした。

さて、先ほど(2019年7月29日11:00)関東甲信地方が梅雨明けしたとの発表がありました。長かった今年の梅雨もようやく明けて、いよいよ夏本番ですね。

この夏は四万温泉でお楽しみ下さい!

 


中之条ビエンナーレ鑑賞プラン

鑑賞パスポート
鑑賞パスポート

中之条町全域を会場として2年に一度開催される現代アートのイベント『中之条ビエンナーレ2019』を四万温泉に泊まりながら楽しみませんか?

『中之条ビエンナーレの鑑賞パスポート』が四万ゆずりは荘の宿泊とセットになったお得なプランをご用意しました。期間は2019年8月24日~9月23日の約一か月間です。当プランをお申込みの方にはもれなく『マル得なかのじょう周遊チケット(売価500円)』も進呈いたします。


お申し込みはこちら

 

中之条ビエンナーレ公式サイトはこちら


トンボ

まだ褐色のアキアカネ
まだ褐色のアキアカネ

四万ゆずりは荘周辺でトンボを見かけるようになりました。これはアキアカネでしょうか? 今年は雨が続き気温も低めで少々動きも鈍そうなのですが、雨上がりになると一斉に飛び始めます。トンボの気持ちとシンクロするようですが梅雨明けが待たれる今日この頃ですね。

 

さて、賑わいをみせていた3連休も最終日となり、少し落ち着きが戻りつつあります。夏休みももうすぐですね。この夏は四万温泉へ足を延ばしてみませんか?


タチアオイの咲く頃

田園に咲くタチアオイ
田園に咲くタチアオイ

中之条の町から四万温泉に向かう四万街道沿いで昨日撮影した一枚です。田植えが終わり青々とした水田の畦道によく映える赤い花は、おなじみのタチアオイ。赤やピンクや白などの品種がありますが、いずれも農村地帯ではよく見かける園芸種です。タチアオイの花は梅雨の始まりと共に下の方から咲き始め、てっぺんまで花が開くと梅雨が終わると言われています。もうすぐてっぺんに届きそうですね。
当館(四万ゆずりは荘)のフロントには、この花に因んだ絵が飾られています。中之条町出身のイラストレーター、鈴木ひでさんの作品で、タイトルもずばり『たちあおいの咲く頃』。ちょうどこのくらいまで咲いたタチアオイの傍らで子供たちが楽しそうに遊んでいる様子が鈴木ひでさんの優しい視点で描かれ、ほのぼのとした気持ちになります。どこか懐かしい夏の1シーンを当館にて是非ご覧ください。

 


晴れ間

梅雨の晴れ間の青い空
梅雨の晴れ間の青い空

日本列島に横たわる梅雨前線の影響で雨の日が続きますが、今日のお昼ごろにいきなり雨が上がって青空が顔をのぞかせました。待望の晴れ間に思わずスマホを取り出して撮影した一枚です。太平洋高気圧が梅雨前線を北にほんの少し押し上げたようですね。日が差すと気温も上昇し、夏の到来を予感させます。明日から7月。この夏は四万温泉へ是非お出かけ下さい!


ローズガーデン

中之条ガーデンズのローズガーデンが最盛期を迎え見頃となっております。たくさんのお客様が色とりどりに咲き競うバラの庭園を楽しまれていました。四万ゆずりは荘へお出かけの際には是非お立ち寄りください!

 

→中之条ガーデンズ公式サイト


NEWSページの過去ログ



■チェックイン   13:00~
■チェックアウト  ~10:00
上記時間は当館の最長滞在可能時間です。プランによっては上記の通りではありませんのでご注意ください。

 

※ご清算は現金(ふるさと寄付感謝券含む)のみとさせていただいております。クレジットカード等は9月1日現在のところ扱っておりません。

 


四万温泉の国民宿舎/四万ゆずりは荘

〒377-0601
群馬県吾妻郡中之条町大字四万4345
TEL:0279-64-2340

FAX:0279-64-2032