情報掲示板 Photo&NEWS


例年よりも遅いかな?

2021年10月25日 四万ゆずりは荘裏
2021年10月25日 四万ゆずりは荘裏

写真は今朝(2021年10月25日)の撮影。ゆずりは荘付近でいちばん色付きがいいところを写しています。今年の紅葉は少し遅れ気味のようで周囲の山々の具合は、まだ今ひとつといった感じでしょうか?
少し寒くなってきていますので今後の変化に期待ですね。


ヒヨドリと赤い実

ヒヨドリ(鵯、白頭鳥、Hypsipetes amaurotis)
ヒヨドリ(鵯、白頭鳥、Hypsipetes amaurotis)

本日(2021年10月18日)昼休み中に日向見公園で撮影したヒヨドリ。針葉樹の赤い実をくわえています。この木はイチイでしょうか?イチイは秋になると赤い実をつけるらしいのですが、あまり詳しくないので分かりません。いずれにせよ深い緑と鮮やかな赤のコントラストは美しいですね。色彩的には早くもクリスマスのようです。
それにしてもヒヨドリたちは食欲旺盛です。私が傍にいることに気づいている感じでしたが、この赤い実の魅力には勝てなかったようで、わずかな時間ですがレンズの前に姿を見せてくれました。他にも数羽がこの木にはいて、先を争うように赤い実を啄んでいます。賑やかな秋の日向見公園です。

 


野反湖の紅葉

野反湖の紅葉
野反湖の紅葉

四万温泉の紅葉はまだまだですが、一足先に天空の湖『野反湖』の周辺では紅葉がいい感じになっています。写真は先週中ごろに撮影したものですが、いかがでしょうか?
野反湖の湖面の標高は約1500mあります。周囲の山々はそれ以上の標高となりますので、標高650mの四万温泉界隈に比べると、その差1000mほど。紅葉の進行が早いのも納得ですね。

野反湖とその周辺のことは時折記しておりますが、この天空の湖は四万温泉から車で一時間ほどかかる高原にあります。同じ中之条町に属しますが離れた場所なので四万の行き帰り、あるいは連泊中日の行楽などにおすすめの観光スポットです。

 


さて、新緑のシーズンに四万温泉内を周回しておりました巡回バス「四万温泉ぐるりんバス」が秋季シーズン運行を始めます。期間は2021年10月16日~11月14日です。詳細は下記リンクよりご確認下さい。

四万温泉ぐるりんバス


台風一過

2021年10月2日 午後の空
2021年10月2日 午後の空

四万温泉には直接の影響はありませんでしたが、大きな台風の日本列島南岸通過の影響で昨日(2021年10月1日)は若干風が強い天候となりました。その台風も東に去り、四万温泉は本日(2021年10月2日)の正午前から快晴の天気となっています。強めの風に大気中の湿気が吹き飛ばされたのか空気が澄んでいるのが実感できて、とても気持ちいい週末ですね。

 


コスモス街道

四万街道沿いに咲き乱れるコスモスの花
四万街道沿いに咲き乱れるコスモスの花

九月も終盤ですね。ひところに比べ気温もだいぶ低くなり、秋の訪れといった雰囲気になってきました。
写真は今朝撮影したコスモスの花。朝の陽光を受け薄紅色の花びらが輝いています。中之条から四万温泉に向かう四万街道沿いのあちこちでは、ご覧のようにコスモスの花が咲き乱れ、あたかもコスモス街道といった趣きがあり季節の移ろいを実感します。
温かな温泉が心底ありがたく感じる季節の到来を迎え、静かな山里も少しだけ慌ただしさが戻ってくるようです。


収穫の季節

2021年9月23日 中之条町折田
2021年9月23日 中之条町折田

今日(2021年9月23日)の午前中に撮影した中之条町折田地区の様子です。折田地区は中之条の町内を過ぎて四万温泉に向かう、通称四万街道沿いのエリアで山間に開けた田園地帯。今日は祝日ということもあり、地域のあちらこちらで稲刈りの作業が行われていますが、快晴の下での収穫作業はとても牧歌的な風景ですね。

 


ビエンナーレ・オンライン公開

https://nakanojo-biennale.com/2021/#
https://nakanojo-biennale.com/2021/#

社会状況を鑑みて一般公開を延期しております中之条ビエンナーレですが、インターネットを用いての映像公開が行われております。公式サイトによると「アートにおける鑑賞の方法の一つとして、今回の中之条ビエンナーレで新しく始まるインターネット上での作品公開はどのような鑑賞体験をもたらすのか。私たちが営む日常世界とは少し違う、もう一つの新しい世界を作り出すことを試みます。」とあります。
下記リンクからご覧いただけますので是非!!

2021年中之条ビエンナーレ公式サイト


ビエンナーレ準備進む

伊参(いさま)地区にて制作中のビエンナーレ作品
伊参(いさま)地区にて制作中のビエンナーレ作品

9月に入った途端、雨が続くなどはっきりしない天候が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、写真のように2年に一度の芸術イベント「中之条ビエンナーレ2021」の準備が町のあちこちで進んでいます。今回の開催期間は2021年9月13日(月)~10月13日(水)までの一か月間。中之条市街地、伊参、四万温泉、沢渡&暮坂、六合の5エリアに約40か所の会場が設けられます。参加する作家は125組。例年通り見応えのある内容になるのではないでしょうか?イベント詳細は以下の公式サイトをご覧下さい。

中之条ビエンナーレ2021公式サイト


クワガタ

コクワガタ(小鍬形、Dorcus rectus)
コクワガタ(小鍬形、Dorcus rectus)

昨日(2021年8月28日)の朝、四万ゆずりは荘周辺でみかけたクワガタムシです。体長や体高などから判断すると、おそらくコクワガタではないかと思います。爽やかな山里の四万温泉、夏の朝にぴったりな情景を撮影することができました。
さて、そろそろ8月も終盤です。群馬県北部の山間にある四万温泉は朝晩など大変涼しく、秋の気候のような日も多くなってきました。温泉の温かさが身に染みる季節に入っていきますね。


水量調整の季節

放流する四万川ダム
放流する四万川ダム

お盆の頃の長雨で山全体の保水量は多いのですが、来るべき台風シーズンを前に四万川ダムの水量は放流調整され、奥四万湖の水位は低く保たれています。四万川ダムに限らず利根川水系の上流部にある各ダム(八木沢ダム、奈良俣ダム、藤原ダム、園原ダム、八ッ場ダムなど)はこの季節が最も湛水量が少なくなるようにコントロールされているようです。台風に伴う大雨に備えるわけですね。ダムの水位とは反対に下流域の河川は平時よりも増水する傾向にありますのでお気を付け下さい。
この写真は放流する四万川ダムの様子です。水しぶきと共に涼しげな水音が堤体直下の日向見公園周辺に響いています。


夏休み

Straw hat
Straw hat

麦わら帽子はもう消えた
田んぼの蛙はもう消えた
それでも待ってる夏休み

今年の夏は何もかもが例年と違い、今ひとつ掴みきれない印象があります。立秋を過ぎて暦の上では秋なので、あながち間違いではないのでしょうけれど、ここ数日は雨が続き外気温もだいぶ下がってきました。季節がこのまま秋にシフトするとは思えないので、また暑い日も復活するとは思うのですが、異例続きのご時世で気候までもが例年通りではないようですね。


涼感を誘う四万川

2021年8月6日 四万川 甌穴付近
2021年8月6日 四万川 甌穴付近

連日猛暑日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
今日は四万川の涼しそうな写真を一枚。お馴染みの四万甌穴群付近の様子を上から俯瞰気味に写してみました。正午近くとあって日差しは強いのですが、木立を揺らして吹き抜ける風と渓谷に響くせせらぎの音が気持ちいいです。透明感のある四万川の流れは見ているだけで涼しくなるような風景ですね。この夏は四万温泉へお出かけ頂いて、ぜひ、ご自身で体感して頂ければと思います。


NEWSページの過去ログ



月毎のまとめは以下で


■チェックイン   14:00~
■チェックアウト  ~10:00
上記時間は当館ご一泊の最長滞在可能時間です。プランによっては上記の通りではありませんのでご注意ください。

 

 

 


四万温泉の国民宿舎/四万ゆずりは荘

〒377-0601
群馬県吾妻郡中之条町大字四万4345
TEL:0279-64-2340

FAX:0279-64-2032