情報掲示板 NEWS


トンボ

四万ゆずりは荘周辺でトンボを見かけるようになりました。これはアキアカネでしょうか? 今年は雨が続き気温も低めで少々動きも鈍そうなのですが、雨上がりになると一斉に飛び始めます。トンボの気持ちとシンクロするようですが梅雨明けが待たれる今日この頃ですね。

 

さて、賑わいをみせていた3連休も最終日となり、少し落ち着きが戻りつつあります。夏休みももうすぐですね。この夏は四万温泉へ足を延ばしてみませんか?


タチアオイの咲く頃

中之条の町から四万温泉に向かう四万街道沿いで昨日撮影した一枚です。田植えが終わり青々とした水田の畦道によく映える赤い花は、おなじみのタチアオイ。赤やピンクや白などの品種がありますが、いずれも農村地帯ではよく見かける園芸種です。タチアオイの花は梅雨の始まりと共に下の方から咲き始め、てっぺんまで花が開くと梅雨が終わると言われています。もうすぐてっぺんに届きそうですね。
当館(四万ゆずりは荘)のフロントには、この花に因んだ絵が飾られています。中之条町出身のイラストレーター、鈴木ひでさんの作品で、タイトルもずばり『たちあおいの咲く頃』。ちょうどこのくらいまで咲いたタチアオイの傍らで子供たちが楽しそうに遊んでいる様子が鈴木ひでさんの優しい視点で描かれ、ほのぼのとした気持ちになります。どこか懐かしい夏の1シーンを当館にて是非ご覧ください。

 


晴れ間

日本列島に横たわる梅雨前線の影響で雨の日が続きますが、今日のお昼ごろにいきなり雨が上がって青空が顔をのぞかせました。待望の晴れ間に思わずスマホを取り出して撮影した一枚です。太平洋高気圧が梅雨前線を北にほんの少し押し上げたようですね。日が差すと気温も上昇し、夏の到来を予感させます。明日から7月。この夏は四万温泉へ是非お出かけ下さい!


ローズガーデン

中之条ガーデンズのローズガーデンが最盛期を迎え見頃となっております。たくさんのお客様が色とりどりに咲き競うバラの庭園を楽しまれていました。四万ゆずりは荘へお出かけの際には是非お立ち寄りください!

 

→中之条ガーデンズ公式サイト


高原の花々

数日前に野反湖を見下ろす富士見峠(野反峠)で撮影したイワカガミです。小さく可憐な山野草で大輪のシラネアオイやノゾリキスゲほど目立つ存在ではありませんが、遊歩道周辺で一斉に開花していて見事でした。

標高1500mの野反湖とその周辺の高原地帯は、ゆずりは荘のある四万温泉と同じ中之条町に属しますが、車で1時間ほどかかりますので『近場のスポット』とは言えないかもしれません。しかし、よく晴れた日などは、それだけの時間をかけても足を運ぶ価値のある、素晴らしい景色が広がっています。シラネアオイ、レンゲツツジ、ノゾリキスゲ、ヤナギランと次々とリレーのように移り変わる高原の花々。涼やかな風景と併せてお楽しみ頂ければ幸いです。


夏鳥

梅雨入りして数日が経過しました。雨が降ったりやんだりと、はっきりしない天気が続きますが四万ゆずりは荘周辺にいる野鳥たちは少しの晴れ間を大切にするよう雨上がりと共に盛んに活動を開始します。
四万温泉は山間に位置し豊かな自然に囲まれているので季節と共に野鳥たちの種類も変わります。最近は『夏鳥』に分類される鳥たちが四万の自然を謳歌していますが、この季節の主役は何と言ってもオオルリですね。写真は少し不鮮明ですが以前撮影したオオルリのオスです。オオルリのオスはこの時期、樹上の最も高いところでよく通る声を響かせています。高い声で歌うように鳴いた後、ジ、ジと特徴的な締めくくりをするのが特徴ですので、そんな鳴き声を聴いたら木の上を見上げて下さい。美しい瑠璃色の姿を見つけることができるかもしれません。


植樹

四万温泉協会よりお借りした画像です。ダイナミックな構図が素晴らしい一枚ですね。
昨日(2019年6月4日)吾妻中央高校の皆さん、我妻森林管理署の皆さんと一緒に四万の森を守るための植樹を行いました。場所は甌穴付近の山の斜面です。ヤマザクラ、イロハモミジ、サルスベリなど800株以上の苗木が植えられましたので、数年後には季節の風景に色を添えるのではないでしょうか?

 

→四万温泉協会


朴の花(ほおのはな)

四万ゆずりは荘の食堂の窓から良く見える位置に大きな木が立っています。お客様からしばしば尋ねられる立派な樹木の正体は、朴葉味噌でお馴染みの「朴の木」です。今の季節はこの朴の木に、白い大輪の花が咲いています。咲き始めて一週間ほど経つでしょうか?すっかり緑一色になった風景の中で、白い朴の花が目立っています。


今年のシラネアオイ

ちょうど一年前に野反湖のシラネアオイのことを当ブログでお伝えしましたが、それをご覧頂いたお客様からのお問い合わせがあり、私自身も今年はどんな感じになっているのか気になったので、一昨日(2019年5月17日)出かけてきました。
野反湖一帯は四万温泉から車で一時間ほど、標高1500mクラスの高原で四万温泉よりも春の訪れは遅くなります。案の定、新緑はまだ届いておらず、遠くの山肌や湖畔の一部に残雪が残っている状態でしたが、シラネアオイの群生地である八間山の中腹には何株かのシラネアオイが咲き始めていました。しかし、昨年に比べるとその数はまだまだ少ないですね。とりあえず綺麗に咲いている株を探して何枚か撮影してみました。
今年は四月の上旬に降雪が続いた所為でしょうか?標高の高い野反周辺は春の訪れが遅かったようです。この群生地が見頃になるのは、あと1~2週間ほどかかりそうですね。そんな訳で、5月末から6月初めにかけて四万温泉へのご旅行を計画中の方は、是非こちらにも足を延ばしていただけたらと思います。

 

昨年のブログ


新緑の奥四万湖

数日前に撮影した奥四万湖です。この時期の奥四万湖は一年で最も水位が高く、夏場には露出する樹木の下部が水に浸かり、ご覧のような幻想的な風景を楽しむことができます。水中林とでも呼ぶのでしょうか?新聞や写真雑誌などでも度々取り上げられているので、ご存知の方も多いと思いますが、今が見ごろのビュースポットです。新緑の淡いグリーンとブルーの湖水の共演を、是非お楽しみください!

 

【予約についてのお知らせ】
お盆のインターネット先行予約の受付は5月7日の13時より開始しております。電話による受付は5月14日13時より開始となります。

また、10月のご予約につきましては5月15日の受付開始を予定しております。宜しくお願いいたします。


GW最終盤

大賑わいだった今年のGWもいよいよ終盤に差し掛かりました。平成から令和へと元号が変わり、何かと話題が豊富だった今年の大型連休ですが、たくさんのお客様にご利用いただきまして、ゆずりは荘スタッフ一同心より感謝しております。
さて、この10日間ほどの間に四万ゆずりは荘周辺の自然も随分と変化してきました。新緑の緑は日毎に色鮮やかになり、野鳥たちの種類がひところよりも増えてきているように感じます。写真はゆずりは荘裏で撮影したモズです。特に珍しい種類ではありませんが瞳にピンが合ったので一応アップしてみました。

 

【予約についてのお知らせ】
お盆のネット予約の受付は5月7日の13時より開始します。

また、10月のご予約につきましては5月15日の受付開始を予定しております。宜しくお願いいたします。


四万湖の春

中之条の町から四万温泉に向かう途中にある四万湖の風景。一昨日の撮影ですが、無風だったために桜の花が水鏡に映って美しい風景になっていました。四万ブルーで有名な奥四万湖よりは小さな湖ですが、こちらも青い湖水が美しく、周囲に咲く桜や芽吹き始めた新緑と相まって、見事なビュースポットになっております。

 

大型連休が始まりました。四万ゆずりは荘の公式サイトではリアルタイムで空室状況をお伝えしております。是非、春の四万温泉にお出かけください。


NEWSページの過去ログ



■チェックイン   13:00~
■チェックアウト  ~10:00
上記時間は当館の最長滞在可能時間です。プランによっては上記の通りではありませんのでご注意ください。

 

※ご清算は現金(ふるさと寄付感謝券含む)のみとさせていただいております。クレジットカード等、後日払いは扱っておりませんのでご了承願います。

 


四万温泉の国民宿舎/四万ゆずりは荘

〒377-0601
群馬県吾妻郡中之条町大字四万4345
TEL:0279-64-2340

FAX:0279-64-2032