情報掲示板 NEWS


カモシカ平

写真は野反湖~志賀高原への稜線ルート上のお花畑『カモシカ平』です。野反湖北岸のビジターセンター、キャンプ場付近から1時間半~2時間ほど急登し、標高1974mの三壁山を経て県境稜線のアップダウンを繰り返しながら進むと、ようやく辿り着くことが出来ます。
7月18日・19日と視察する機会があり、参加してきました。ニッコウキスゲ(当地ではノゾリキスゲと呼ぶゼンテイカ)が満開に咲き競い、稜線を渡る風も爽やかで、流した汗に見合う素晴らしい風景を堪能してきました。
このカモシカ平を含め、群馬県がお隣の新潟県・長野県に接する県境線沿いは急峻な山並みが延々と続いています。関東地方と中部地方を分かつ山稜で、降る雨は太平洋と日本海にそれぞれ分かれ流れる中央分水嶺なんですね。この県境の登山ルート、今年の夏(8月11日)には長らく未整備区間であった『三坂峠~白砂山』の開通も予定されております。報道もされましたので、ニュースからこのルートを知った方も多いのではないでしょうか?

全線が開通すれば谷川連峰から三国峠~稲包山、白砂山、野反湖を経て志賀高原の山々、万座峠から四阿山を通過し鳥居峠までの全長100kmにも及ぶ国内最長のロングトレイルコースが完成します。(今回の発表では『ぐんま県境稜線トレイル』と呼ばれています)全線の踏破は上級者で5日ほどと言われていますが、このトレイルの登攀を予定されている健脚クライマーの皆さん、稲包山を登った折には、少し足を延ばして頂き、四万温泉で癒しのひと時を過ごされてはいかがでしょう?


温泉郷クラフトシアター

次の週末は『海の日』絡みの3連休となりますが、いよいよ夏本番といった感じですね。
当地、四万温泉では今週末より群馬県内の様々なジャンルのクラフト作家が温泉街各所を舞台にして、制作の実演、作品展示、本格的なワークショップなどを行うイベント『温泉郷クラフトシアター2018』が開催されます。期間は7月14日から7月22日までです。
過去4回開催されているイベントですが、今回からはカヌー体験、ヨガ体験などのアクティビティの開催も予定されております。予約が必要なものもありますので、下記リンクにて詳細をご確認ください。

温泉郷クラフトシアター2018・公式サイト

それぞれの手仕事を間近で見て、感じて、作り手との交流を深めるアットホームなイベント・・・美しい自然と作家達の手仕事を感じにこの夏はどうぞ四万温泉へお出かけください。

 

 


ブルーベリー

報道などでは停滞前線の影響で西日本を中心に大雨が続き大変な状況と伝えられていますが、当地、四万温泉の雨の降り方は比較的穏やかで、明けた筈の梅雨が伸びているといった感じです。
今日の画像は色づき始めたブルーベリー。四万ゆずりは荘のある吾妻周辺にはブルーベリーをはじめ季節の果物狩りが楽しめる観光農園が数多くあります。ブルーベリーは7月下旬ごろまで楽しめるようですが、四万温泉へご旅行の際にはこんなオプションも面白いかもしれませんね。
参考ページ:吾妻の観光農園


梅雨明けと画眉鳥

昨日、関東地方が梅雨明けした模様との発表がありました。6月中の梅雨明けは観測史上初だとか・・・。明日から7月に入り本格的に暑い夏が始まりますね。
そんな梅雨明けの報道があった昨日正午ごろに四万ゆずりは荘の裏で撮影した鳥ですが、クレオパトラを連想させるような目の周りの模様が特徴のガビチョウ(画眉鳥)です。書いたような眉なのでこの名前が付いたのだと思いますが、言い得て妙ですね。実はこの鳥、厳密には野鳥に分類されないんだそうです。中国等からペットとして輸入された鳥がカゴ抜けして繁殖したものなんですね。大きな声でほかの鳥たちの鳴きまねをする特徴があります。雪は苦手らしく冬の間は少し南にある吾妻線沿線などにいましたが、暑くなったので四万温泉に涼みに来たって事でしょうか?巡る季節と共に四万温泉周辺の生きものも少々メンバーチェンジといった感じです。


四万の甌穴群

3月末のブログでも紹介した四万の甌穴群です。中之条の町内から四万温泉に向かう国道353号線沿い、もう少し走れば四万の温泉口地区になろうかというポイントにあり、付近には駐車場も用意されております。甌穴を見るにはそこから少々下りますが、涼しげな四万川の水の色が出迎えてくれます。硬い岩盤の川底には大小8個の甌穴が見られ、大きいものは口径8メートル、深さ3.2メートルを超え、その深さゆえに四万川の水の色も、より一層濃いブルーになっています。水の流れが数万年もの年月をかけて作り出した風景なんですね。これから暑い季節になりますが、見ているだけでも涼しくなるような甌穴群を是非ともお楽しみ下さい。


クラフトビールを楽しもう!

四万ゆずりは荘では本格的な夏シーズンを前にクラフトビールの専用サーバー『タップマルシェ』をいち早く導入しました。タップマルシェとは1台で4種類のビールの提供が可能なビールディスペンサーで、これにより今までよりも多様なクラフトビールをお食事のお共にお選び頂けます。
当館のタップマルシェで現在取扱っているクラフトビールは、ピルスナータイプの『コープランド』、ウィートエールタイプの『オン ザ クラウド』、ペールエールタイプの『よなよなエール』、そしてフルーツビールの『ジャズベリー』の4種です。いずれも個性的なビールばかり。ラインナップはこの先も次々と変わって行きますので、お目当てのクラフトビールがある場合はお早めにお試しください。
また、どのビールにしようか迷っている方の為に、少量のグラスで4種類を飲み比べができるテイスティングセット『ビアフライト』もご用意しました。いろいろ飲み比べて自分好みのビールをお探し下さいね。

 

ゆっくり温泉に浸かって、個性的なビールをあれこれ飲み比べる・・・四万ゆずりは荘の夏は最高ですよ!!


梅雨入りはしたものの・・・

6月に入り一週間が経過しました。数日前に関東地方にも梅雨入り宣言が出されましたが、翌日、翌々日と良く晴れた日が続いています。写真は昨日の四万温泉口付近の様子です。山々の緑が色濃くなり、夏の風景へと変って来ています。
四万ゆずりは荘への道順は写真のトンネルを通って国道沿いにゆずりは大橋までお進みください。カーナビによってはこの付近から旧道(山口地区温泉街)の細い道路を案内してしまう物もあるようですが、国道をまっすぐだと比較的通り易いルートでゆずりは荘まで到着できます。


日向見薬師堂

5月も終盤になり、一雨ごとに緑が色濃くなる四万の山里です。ヤマボウシやウツギの花も咲き始め、オオルリやキビタキの囀りも聴こえるようになり、山中が夏を迎える準備に余念がないといった趣ですね。このように温かくなると徒歩で四万のあちこちを散策する観光のお客様の姿も増えてまいりますが、四万ゆずりは荘から少し奥に入った日向見(ひなたみ)エリアにある日向見薬師堂は、訪れる人も多い四万屈指の観光スポットのひとつで、以下のような伝説と歴史が語られています。
永延3年(989年)のころ、源頼光の家来、碓氷貞光(うすいのさだみつ)が越後から四万奥の木の根峠を越えて現在の日向見付近に辿り着き、谷川の音に心を静めて一晩中お経を読んでいたそうです。夢の中に現れた一人の子どもから「あなたの読経の真心に感心し四万(よんまん)の病気を治す温泉を与えよう、われはこの山神である」とのお告げを聞き、目を覚ますと渾渾と温泉が湧き出ていた・・・という四万温泉発祥の伝説がこの地に残されており、件の武将、碓井貞光が日向守であったことから、四万温泉の開湯地を特に日向見と呼んでいるとの説もあります。また貞光は、御伽草子の中で大江山の酒呑童子退治で活躍した頼光四天王の一人として描かれています。渡辺綱や坂田金時ほどメジャーではありませんが、ご存知の方も多いのではないでしょうか?時は下り、慶長3年(1598年)時の領主、真田信幸の武運長久のために、この伝説の地『日向見』に薬師堂が建立されました。真田一族と当地の結びつきの深さは大河ドラマなどで度々描かれているので広く知られておりますね。薬師堂は室町時代の建築様式(唐様和様の折衷)を残しており、現存する県内最古の寺院建築と言われています。規模的には小さなお堂ですが、国指定の重要文化財に指定されており、付近には足湯や御夢想の湯などもあります。日向見エリアへは四万ゆずりは荘から徒歩で10~15分ほど。ご滞在中の散策におすすめです。


四万湖

中之条の町から四万温泉に移動中、道路の左側に見える『四万湖』はアーチ式の『中之条ダム』によって堰き止められたダム湖です。一方、何度かこのページでご紹介している『奥四万湖』はゆずりは荘よりも更に奥にあり、こちらは重力式ダムの『四万川ダム』によって作られました。双方、四万川水系のブルーの湖水であり、名前も似ている所為か混同されがちなのですが、全く別の湖です。

四万湖も奥四万湖もグリーンシーズンにはカヌーなどのアクティビティをお楽しみ頂けます。インストラクターによる丁寧な指導がありますので初心者でも安心ですね。神秘的な青い湖の上で、のんびりカヌーに揺られてみませんか?
アクティビティの詳細は下記にてご確認ください。
レイクウォーク

グリーンディスカバリー


野反湖のシラネアオイ

中之条町六合地区の奥に「天空の湖」と称される野反湖があります。湖面の標高は約1500m、かなりの高地ですので新緑はまだ始まったばかりです。富士見峠(野反峠)に立って湖を見渡せば高原の涼しい風が吹き渡ります。
この天空の湖の東側にそびえる八間山の山腹に咲くシラネアオイが今、見頃を迎えております。写真は昨日の撮影です。ダケカンバとシラカバの混生林の足元に群生する青紫の花々を見ると心が癒されますね。
野反湖エリアへは四万温泉からは車で一時間ほど。四万ゆずりは荘へのご旅行の折に、ほんの少し足を延ばしてみませんか?


雨あがる

大賑わいのゴールデンウィークが終わった頃から降り始めた雨が、今朝方ようやく明けたようです。予報では今日明日共に「晴」マークが出ています。
写真は今朝撮影したゆずりは荘の裏から見る風景。四万の山々にかかっていた雲が切れ、久しぶりの青空が顔を覗かせています。お天気と共に冷え込んでいた気温も平年並みに戻りつつあり、いよいよ行楽の季節到来といった趣になってまいりました。四万ゆずりは荘の良質な温泉と共に奥山の新緑風景もお楽しみ下さい。


ドウダンツツジ

GWも後半に突入ですね。3日と4日が入込のピークのようですが5日には若干の空室がございますので、お問い合わせ下さい。
さて、四万ゆずりは荘の入口に植えてあるドウダンツツジの花が今満開となっております。秋には鮮やかな深紅の紅葉で強烈に存在を主張するドウダンツツジですが、春に咲くその花は秋とは真逆で、あまりにも奥ゆかしい小さな白い花です。つい見落としてしまいそうですが、懸命に咲く鈴なりの白い花々をお楽しみ頂ければ幸いです。


NEWSページの過去ログ