10月の里山風景

写真は寺社平地区の田んぼ。里山らしい牧歌的な風景が広がっています。10月に入り中之条周辺では写真のような稲刈りが終わった田んぼが増えて来ました。刈り取った稲を数週間天日干しにすることを当地では「はんで」「はんで干し」と言いますが、調べてみると「稲木干し」「はざ掛け」「稲掛け」「おだかけ」など全国各地で呼び方も様々なようですね。最近ではコンバインなどの農機の普及で手間のかかる「はんで」も少なくなって来ていると聞きますが、こうした風景を見ると秋になったんだなぁと実感します。